前へ
次へ

セラミドと美容液について

多くの化粧品の中には有効成分が含まれています。
その中で美容液の中にセラミドという成分が含まれているというものを見かけることがよくあります。
セラミドは、細胞間脂質の40パーセントを占めている保湿には欠かせない成分となっています。
比較的高価な成分であるということから、あまり安すぎる商品にはその成分が少ししか入っていないと言うことがあるので注意します。
またテクスチャーに関しては、水溶性成分ではないので、乳液やクリーム状のものやジェル状のものが多くなっています。
水のようにさらっとしている場合には、その配合量が少ないと言うことや、界面活性剤がたくさん使われていると言うことが考えられるので注意が必要です。

保湿のための美容液について

女性の中には乾燥肌に悩まされているという人がたくさんいますが、それを解消するためには保湿が重要になってきます。
その保湿に関しては美容液を使うと言うことが効果的です。
ここにはさまざまな成分が含まれているからです。
セラミドやセラミドを増やす成分が乾燥には効果があるとされていますが、このほかには水分を層の間に挟み込むという成分も注目されています。
角質層では細胞間脂質は層を作ってその間に水分を挟み込んで水分を保持すると言うことを行っています。
このようなセラミドと同じような働きを持っている成分があります。
それがスフィンゴ脂質なのです。
セラミドよりは保湿力が弱くなっていますが、角質層の中のほかの脂質との親和性が高くなっています。

Page Top